入れぼくろってなに?遊女の起請彫り|刺青

入れぼくろ 刺青 点の入れ墨
スポンサーリンク

入れぼくろの意味

入れぼくろとは、江戸時代に遊女とそのお客が愛を誓う表現方法の一つのイレズミのことを言う。江戸時代に流行し、自分の腕や手の甲に墨を刺した。もっとも古いやり方は、男女が手を握った時に、お互いの親指先端の位置に、ほくろのような点(墨)を入れるスタイル。また、これらの男女間のイレズミを起請彫り(きしょうぼり)とも言う。

入れぼくろ刺青遊女

こうして、遊女とお客の間で愛を誓いあったとされる。
時には、遊女の営業的な思惑であったり、男の独占欲であったりさまざまである。

入れぼくろの起源

入れぼくろが世に広まったのは江戸時代とされる。

古くは、刑罰でいれる入れ墨以外のイレズミを「文身(ぶんしん)」もしくは「入れぼくろ」などと呼ばれていたが、のちに、背中一面にあるようなイレズミは「彫り物」と呼ばれるようになる。
また、江戸時代の遊女たちがブームの火付け役とされ、京や大坂といった場所から江戸へと遊女の間でおおいに広がっていった。
もっとも、ブーム以前から「入れぼくろ」という言葉はあったとされるが、このブームの影響により、より全国的に入れぼくろが知れ渡って行くのである。

入れぼくろの種類

引用:江戸ガイド

遊女入れぼくろ刺青

入れぼくろは、ホクロのような点だけのデザインだけじゃなく文字を入れることもある
それは愛の誓いや自己のため(生き方や精神的)の言葉であったりと、色々な模様や文字だったとされる。

このように、入れぼくろとは遊女とお客の間で流行った愛情表現のひとつで、点や言葉を腕や手にいれることを言うのである。

もし、あなたが愛情表現のひとつとして、入れぼくろを考えているのなら、よくよく考えてから墨を刺すことを勧める。なぜなら、刺青は簡単には消すことが出来ないからである。

 

\アナタにオススメの記事/

海外アウトロー映画や雑誌でよく見かける目の下の3つの点のタトゥーの意味を知ってますか?

目の下の3つの点のタトゥー|スリードッツの意味知ってますか?
よく海外のバイオレンス系やギャング映画で、目の下に3つの点のタトゥーを入れている人を見たことありませんか?これはファッションではなく、きちんと意味が込められているのです!そんなスリードッツの意味を教えます。

他にも、タトゥー/刺青に関する記事がたくさんあります。

例えば、温泉や海など、刺青があると入場が規制されたりしますよね。

そんな時の対処方法だったり、刺青があるからって諦める必要はありません。

周囲への配慮とをすることや、事前に対処することで、あなたの行動はグンッ広がります!

あなたのタトゥーライフをもっと快適にするためにも、ぜひ!見てくださいね。

【知らなきゃ損】刺青を隠すおすすめ方法【完全マニュアル】
刺青を隠したいと思っているなら、このサイトのレビューをマネするだけで一発解決!なぜなら、実際にイレズミを使ってレビューしているから分かりやすいんです!
刺青のお話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
タトゥーの隠し方専門サイト

コメント