タトゥーを消すと決めたら知っておきたいこと。二度も後悔しないために!

タトゥー(刺青)を消す

若気の至りでいれたタトゥー、元恋人とおそろいのタトゥーなど、今となっては消したくなってしまった。こんな悩みを持っている人も多いでしょう。

そんな人は、タトゥーを消すと決めたら、まずは情報を集めることから始めましょう。

何となくで、クリニックを選ぶと二度も後悔するかもしれませんよ・・・・・。

スポンサーリンク

「タトゥーを消す方法」は方法はたくさんある。

ただやみくもに、タトゥーを消したいからと言って、「値段が安い」や「家から近い」などの理由で安易にクリニックや病院を決めるのは、止めましょう!

なぜなら、タトゥーの除去施術の跡は、消す方法やクリニックによって、まったく違うからです。

中には、消した跡が目立ってしまい再度後悔してしまう恐れもあるからです。

嫌ですよね?せっかく消したのに施術の跡が目立ってしまったら。

タトゥーを入れて後悔。

タトゥーを消して、また後悔。

2度も後悔しちゃダメですよ。

では、どうすれば良いのか?

後悔しないために、まずはタトゥーを消す方法の種類を知ること。

まずは、自分を知ること。

あなたが納得のいく施術の跡は、どのくらいまで目立たなければ許せるのか?を決めましょう。

いわゆる仕上がりがどのくらいキレイかということ。

そして、仕上がりについてはタトゥーを除去する方法によって傷跡は変わってきます。

もちろん、始めてのあなたは、どんな方法があるのか分からないですよね?

それはこちら。

タトゥーを消す方法は大きく分けて3つある。

次の3つの方法で消せます。

方法1.切除法でタトゥーを消す

「切除法」はタトゥーがある皮膚の部分だけを切除して、縫い合わせる方法です。

タトゥーそのものを消すので、タトゥーを完全に除去することができます。

 

方法2.皮膚移植法でタトゥーを消す

先ほどと同じく、タトゥーのある部分を消して、そこに自分のおしりや太ももなどの目立たないところから皮膚を取ってきて、タトゥーを消した場所へ皮膚を移植します。

広範囲のタトゥーを消したい人に推奨されます。

最低2か所の傷跡が残るデメリットもあります。

 

方法3.レーザーでタトゥーを消す

消したい場所にレーザーを照射して皮膚に入れてある刺青色素を破壊してタトゥーを消します。

広範囲のタトゥーを消すことも可能です。

しかし、レーザーマシンによっては色のある刺青は消えない場合もありますので、クリニックや病院へ確認が必要になります。

この3つの方法がタトゥーを消すことができる施術です。

なんとなく分かったら、次はより具体的なイメージを作りましょう。

タトゥー(刺青)を消す

施術の跡のサンプル画像を見て、自分に重ね合わせてイメージを作る

レーザーマシンや施術方法は、病院やクリニックによって全く違います。

なので、病院やクリニックを探す際に、あなたの近所だけで探さないようにしましょう。

なぜなら狭い範囲で探すと限られた病院やクリニックしか検索されないので、サンプル画像を多く見れません。一枚でも多く見るために、全国の病院やクリニックのHPを閲覧しましょう。

とにかく、たくさんのタトゥー除去の施術結果の写真を見るのが一番です。

その中から、あなたが「このくらいタトゥーを消すことができればイイな」というレベルの方法を見つけることができます。

傷跡はタトゥーと同じで一生残ります。

一生残るものだからこそ、今度はジックリ丁寧に調べましょう。

ほんの数十分や数時間、調べることであなたはたくさんの知識を手に入れる事ができるのです。

後悔しないためにも、時間と手間をかけて決めましょうね。

何度も言いますが「この仕上がりがいいかな」と思える施術法を見つけるのです。

もちろん、費用や立地条件なども気になります。しかし、それは後で検討すればいいのです。まずは、後悔をしないことを先決することが大切です。

知識や方向性が見えてきたら、カウンセリングを利用してハッキリとしたイメージを作る。

いくつかクリニックや病院のHPを見て、ぼんやりとでもイメージができたら、そのイメージを確かな知識へと高めましょう。

ほとんどのクリニックや病院では、タトゥーを消したい人のために、無料カウンセリングをやっています。

もちろん、カウンセリングを受けたからって、そこのクリニックや病院で消す施術を受ける必要はないです。しっかり納得したら決めればOKです。

あくまで、あなたのタトゥーを消したら費用がいくら掛って、施術の跡は目立たないのか?といった具体的なことを教えてもらうためです。

無料カウンセリングは、タトゥーを消す第一歩です。

その一歩が将来を変える大きな一歩になります。

不安に思うことがあれば、クリニックなどに行く前にメモに書き、しっかりお医者さんに質問しましょう。絶対そのままにしてはダメ。

タトゥー(刺青)を消す

最終的に納得したらタトゥーを消すクリニックや病院を決める。

クリニックや病院選びをするときに、あなたの住まいの周辺だけじゃなく、隣県なども候補にいれること。お住まいの県だけだと、場所によってはクリニックや病院が少ない場合があります。

ですので、隣県や少し遠い場所も候補に含めて、選択範囲を広くすることが、より技術の高い場所で受けることができるかもしれません。手間を惜しまず、あなたに合った施術法を決めましょうね。

しっかり考えて、一歩を踏み出して、これまでの悩みから抜け出しましょう。

あなたの望む何もない肌を手に入れるために。

 


【池袋サンシャイン美容外科】参考画像など多数掲載 

 


【横浜中央クリニック】無料カウンセリングはこちら

 


【池袋、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡】でタトゥー・刺青除去をするなら

 

刺青のお話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
タトゥーの隠し方専門サイト

コメント