「肌かくしーと」使ってる?腕のタトゥーを隠してみた。効果実証!

肌かくしーと!タトゥー隠しレビュー
毎度!
刺青隠し太郎です!
 
突然ですが、あなたはどうやってタトゥーを隠そうか悩んでいませんか?
私は今までに、数えきれないほどの商品を使って自分のタトゥーを隠してきました。
タトゥーを隠す方法刺青温
そんな数々の「タトゥー隠し商品」を使ってきたからこそ、タトゥーを自然に隠す裏技やテクニック、商品の良い点や悪い点といったことを、このサイトで公開しています。
今回レビューするのは、たくさんあるタトゥーを隠す商品の中でも、有名な「肌かくしーと!」です。
購入しようか悩んでいる人も多いでしょう。
また、使用方法についても、今回紹介する手順でシールを貼ればあなたもカンタンに貼ることができます!

そして「どうしよっかな~?」って、悩んでいる人は次のポイントに当てはまるかチェックしてみてください。

・ワンポイント(手のサイズ)
・かんたんに隠したい
・海や温泉でタトゥーを隠したい
・旅行や外出先に
持ち運びたい
もし該当したら、あなたにこの肌かくしーとをオススメします。

温泉やお風呂といった水を使う場所であってもオススメします。

なぜなら、この肌かくしーとは、水に濡れても剥がれないで貼りついてくれるからです。←記事後半でシャワーテストしました。

最近の温泉やお風呂はタトゥーをシールで隠せば入場OKな施設が増えてますので、とても役に立つシールです。

それでは、実際にシールを使ってタトゥーを隠してみましょう!

*当レビュー記事は、実際の使用感をお伝えするために、写真への明るさや色合いの補正調整はしていません。そのまま安心して評価してくださいね。

スポンサーリンク

「肌かくしーと」を使った結果はこんな感じ!

この「肌かくしーと」を使うとこんな感じでタトゥーを隠せます。

肌かくしーとレビュー

この写真撮影の前日にちょっと日焼けをしてしまい、購入しておいた「肌かくしーと」の色と肌の色がマッチしなくなってました。。

日焼けをしなければもっと自然に隠せていたでしょう。

それでも、けっこう自然な感じでタトゥーを隠せているでしょ?

 

「肌かくしーと」商品詳細

肌かくしーとレビュー

「肌かくしーと」の公式サイトはこちら

 

販売店舗と商品詳細

実店舗で売っている場所はコチラ

  • ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ
  • ロフト
  • マツモトキヨシ
  • コクミンドラッグ
  • クリエイトS・D
  • サンドラッグ
  • 東急ハンズ

*公式サイトで確認

 

もし、実店舗に行くのがメンドクサイ人は↓こちらでも簡単に購入もできます。

水は不要/傷あと・タトゥー隠し。肌かくしーと!!

 

今回使用した商品の詳細

商品名:肌かくしーと
サイズ:大判サイズ
カラー:ナチュラル
同封枚数:3枚

商品の裏面はこんな感じ

肌かくしーとレビュー

安心の日本製!

カラーバリエーションは3色

肌かくしーとレビュー

  1. イエローナチュラル
  2. ナチュラル
  3. ダークオークル

色に迷ったら「ナチュラル」がオススメ。
この商品だけじゃなく、タトゥーを隠す商品を見つけて、色を選ぶ時にどれを選んだらイイか迷ってしまう時があります。そのような時は自分の肌よりワントーン濃い色の商品を選ぶようにすると失敗しないです。覚えておきましょう。

商品の同封枚数は3枚

肌かくしーとレビュー

サイズは、大判なので結構大きめですね。

肌かくしーとレビュー

シールサイズのサイズ

100mm×140mm

ワンポイントや部分的に隠すなら、満足な大きさ。
でも、背中一面とかの大きなタトゥーは無理です。

「肌かくしーと」を貼ってみる

さぁ、それでは実際に貼っていきますね。
シール系のタトゥー隠しアイテムのメリットは何と言っても簡単なところ!

貼り終わるまで1分もかからないので、旅行先や外出時にとても重宝する。
また、コンシーラーやファンデーションと違い、手が汚れないのも重要なメリット。塗り系の商品を使ったことがある人は特に実感するでしょう。

もちろん、デメリットもあって「シール貼ってます感」が隠しきれないんですね。
ここの件は、のちほどしっかり評価しますね。

肌かくしーとレビュー

隠していくタトゥー(刺青)はコチラ↑

そして、いつも読んでくれる良い子のみんなは、お馴染みですが、シールを上手に貼るコツはコチラです。このひと手間で効果は変わりますよ。

上手に貼りたいならこの2つの準備!
①塗る前に、隠す部位の体毛を剃る脱毛しておく
②塗る前に、隠し部位の汚れや皮脂を落としておく
 
肌かくしーとレビュー
シールを剥がす際は、色が付いている場所に触れないように気をつけましょう
手の汗や油で粘着力が弱くなります。
 
肌かくしーとレビュー
隠したいタトゥーの上に「肌かくしーと」を優しくそっと乗せたら、シール中央から外側に向かってシッカリと貼っていくのがコツ!
この時に中にある空気を外に押し出すように貼ること。
シールの四隅は重点的に押して貼る。ここが弱いとフィルムから上手くはがれない時がある。
 
ここからが、最も重要なポイント!
しっかりと中の空気や四隅を貼りつけたら、フィルムを剥がす行程に移るんだけど、この時にフィルムを「ペロンッ」って雑に剥がすと失敗する場合があるから要注意!
 
肌かくしーとレビュー
 
フィルムを剥がす時は上の写真のように「剥がしたフィルム剥がしてないフィルム」の境目の角度をつけながら貼っていくのキレイに貼るコツ!!!
もう少し分かりやすくした写真がコレ↓
 
肌かくしーとレビュー
折り曲げる角度がとにかく重要。
狭くゆっくり剥がせば上手に貼れるのでトライしてみよう。
 
分かったかな?
もし、分からない時はコメント欄にでも書いてくれれば返答するよ。
 

「肌かくしーと」の耐水性/防水性能は?

試してみました。

シャワーでバシバシ流して、湯船に浸かったけど・・・・剥がれることもなく問題なく使えます!
商品説明でも、お風呂温泉銭湯の入浴・プール・スパ・ジム・海水浴といった場所でも使用できると書いてあるので、耐水性も期待できます。

肌かくしーとレビュー

 

「肌かくしーと」を貼ってみた結果と感想

それでは、今回の完成形と評価をご紹介します。
「肌かくしーと」でタトゥーを隠した完成形はコチラ!
 
肌かくしーとレビュー
 
冒頭でもお伝えした通り、日焼けして肌の色が少し濃いので、商品の色とのコントラストが目立つけど、日焼けをしていなければ、もっと自然にタトゥーを隠せていたでしょう。

もちろんデメリットもある!

記事中盤でも述べたように、この手のシール系アイテムでタトゥーを隠すと、貼ったシールにシワがよるという事が起きます。
↓こんな感じで。
肌かくしーとレビュータトゥー刺青隠す
これは、どのタトゥーを隠すシールの商品を使っても出てしまいます。
シール特有のデメリットの一つです。
 
それでは、総合評価です。

メリット

  • かんたんに隠すことができる
  • シール系商品の中でも最上位のカバー
  • 作業で手や部屋が汚れない
  • 普段の持ち運びに便利

この商品をオススメする人

・手の平サイズのタトゥーを隠したい
・温泉、プールや海で隠したい
・かんたんにサクっと隠したい
 

デメリット

  • 近くで見るとシールを貼っているのが分かる
  • シールにシワがでてしまう
  • シールなので隠せる大きさが限られる

この所品をオススメしない人

・背中一面など広範囲のタトゥーを隠したい
・職場の健康診断など、タトゥーの存在がバレたくない
・公共施設や民間の施設で、シールも含め禁止されているとこへ行きたい
 
以上、「肌かくしーと」のレビューでした。
たくさんあるタトゥーを隠すシール系商品の中でも、「肌かくしーと」は性能、知名度ともに上位の商品です。
 
今までタトゥー(刺青)が原因で、海や温泉など行けなかった場所があるならば、これを機にチャレンジしてみましょう!人生楽しまなきゃ損です。
海でタトゥー隠す
 
以上、ご参考になれば幸いです!
 
 
肌かくしーとは、水に濡れても剥がれないし、温泉やお風呂で使っても、お湯を汚さない、タトゥーを隠したい人には頼もしいシールですよ。
ぜひ、お試しあれ!!
 
 
 
シールで隠す
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
タトゥーの隠し方専門サイト

コメント