刺青があっても働ける職場ってあるの?海外調査編

タトゥー 職場

日本国内で刺青を隠さずに働ける職場は、アパレル系や美容師系の他にほぼ無い。残念ながら。

刺青保持者は長袖を着用するなどして、職場では隠しながら日々働いているだろう。

では、海外では一体どうなんだろう?刺青は、隠さずに働けるのだろうか?

職場で隠さなければいけないのだろうか?

今日は、海外の職場に少し目を向けてみたいと思う。

スポンサーリンク

刺青があっても働ける職場ってあるの?あるんです!海外調査編

日本では刺青を隠さずに働いている風景を見かける事は、ほぼ無い。

しかし、海外では普通に刺青を見かける。

もちろん海外にも否定的な人は存在する。しかし、根本的に外国人と日本人の抱く刺青(タトゥー)に対する概念や印象が、まったく違うものだ。

たとえば、次のような職場が海外にはある。

海外の職場1:ニュージーランド航空が従業員のタトゥー(刺青)を解禁

ニュージーランド航空では、スタッフに対して目に見える場所のタトゥーを禁止していたが、2019年9月1日からすべての従業員がタトゥーを隠さずに職場で働けるようになった。マオリ族の文化を持つニュージーランドでは、タトゥー文化が強く残り、成人のニュージーランド人の5人に1人はタトゥーをいれていると言われている。

マオリ族 タトゥー

マオリ族のタトゥーは、社会的地位や家族の血筋を表しており、とても意味や重要性があるタトゥーである。

そのようなタトゥー文化の背景からニュージラーンド航空は、職場でのタトゥー禁止を解除し、働く人の価値観を尊重し、文化の多様性を認めたのだろう。

海外の職場2:ロンドン市警察官はタトゥーOK!

ロンドン市警察官タトゥー

タトゥーがあっても、ロンドン市警察官になる事ができる。

攻撃的ではなく、不適切ではないタトゥーであれば、勤務中であっても、視界

もちろん余りにも不適切なタトゥーだと許可は下りないだろう。から隠す必要がないというのだからとても理解がある。ただし、洋服に隠れる隠れないに関わらずタトゥーをすべて事前に申請して上級役員の許可を受ける必要がある。

他にも、国会議員や医師などタトゥーがあっても仕事の選択には困る事がないだろう。

海外の職場で問題になるのは、タトゥーそのモノがダメでじゃなく、タトゥーのデザインやメッセージ性が問題になる。差別的な表現や性的なデザインといったモノがアウトなのだ。

また、洋服で隠れるような場所であれば、雇用主側は全く興味がない。と言うより、そこはもう個人のプライベートの領域ということになる。

日本のように、たとえ洋服で隠れる場所であってもタトゥーの存在自体で良い悪いが評価されてしまうのとは、まった違った価値観である。

タトゥー(刺青)を入れている政治家はどのくらいいるの?
元モーニング娘の市井紗耶香が、立憲民主党から比例代表に立候補。タトゥーを隠さずに演説を行ったことで一躍話題になる。しかし、政治家といえども人間。刺青が入っていても何ら不思議ではない。今回は刺青を入れた政治家をご紹介しよう!
刺青のお話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
タトゥーの隠し方専門サイト

コメント