就職活動でタトゥーを隠す方法!面接官はあなたのタトゥーを見てるよ

就職面接とタトゥー
ファーストタトゥーや軽いノリで、タトゥーをいれてしまいがちな場所である『手の甲や指』
しかし、時が経つにつれて、就職活動場で隠さなければいけない状況になり、困ってしまうことがあります。手にいれたタトゥーは、就職活動の面接で目立つからです。腕や足と違って衣類では隠せない場所だから。
『就職活動で隠さなければ・・・』
『面接でバレないようにしないと・・・』
就職活動中は本当にシッカリ隠さなければいけません。
今日は、面接の時などに手の甲や指にいれたタトゥーを隠す方法についてご紹介します。
スポンサーリンク

就職活動でタトゥーを隠す方法!面接官はあなたのタトゥーを見てるよ

 はじめにちょっとだけ自己紹介させてくださいね。
私は今までに、数えきれないほどのタトゥーを隠す専用商品を使って、自分のタトゥーを隠してきました。
それぞれの商品には良い点も悪い点もあり、自然に隠すためには、ちょっとしたコツも必要です。
そういった情報を、このサイトでは皆さんに公開してます。同じように隠す必要がある人に向けてね。
海でタトゥーを隠す
かなり、マニアックですが、あなたにとっては、きっと役に立つ記事がたくさんあります。
ぜひ、このサイトを見て参考にして悩みを解決しましょう!
 
さて、本題に入ります。

まず、手の甲や指のタトゥーって結構、目立つ存在なんです。

知ってました?

人と会話をする時って相手の顔はもちろん、首や手にも視線が向くのです。

だから、手の小さな刺青であっても、就職活動中の面接でも、バレる可能性は高いです。

では、どうやって隠すというと、方法は2つあります。

1つは、塗ってタトゥーを隠す方法。
2つめは、貼ってタトゥーを隠す方法です。
これから2つの方法を紹介するので、あなたの状況に合った方法を見つけてみましょう。

就職活動で使える①:コンシーラーでタトゥーを隠す

専用のコンシーラーを塗ってタトゥーを隠す方法。
 
 
メリット
・隠した場所が目立たず、自然に隠せる
・薄くなってきても、重ね塗りができる
・コスパがイイ
デメリット
・塗ったあとに乾かす時間が少し必要
 
【こんな人にオススメ】
一日に何社も就職活動をする人に向いてる。
何回も面接をしていると、コンシーラーが落ちてくる可能性があるので、重ね塗が出来るアイテムが重宝します。
また、コンシーラー系の商品は、自分の肌の色に合わせながらタトゥーを隠していくことができるので、自然に隠せるのもメリットです。
日ごろから隠す必要がある人は、塗り方を覚えておきましょう!
あなたの将来のためにも!
 
 
大き目のタトゥーを隠すのであれば、↓のようなスプレータイプでシッカリ隠した方が良いです。

乾燥する時間もコンシーラーに比べると早いので、慣れるとスプレータイプの方が楽です。

就職活動で使える②:シールでタトゥーを隠す

専用のシールを貼ってタトゥーを隠す方法です。
 

 
メリット
・だれでも、かんたんに隠せる
・塗り系より耐久性が高いので1日中隠せる商品が多い
・作業が早い(ほぼ一分以内に隠せる)
デメリット
・塗ったあとに乾かす時間が少し必要
・シール特有のシワがでる
 
【こんな人にオススメ】
・集団面接をする。
・就職試験を受ける。
・隠す作業が面倒くさい。
・かんたんにペペペッン!って数秒で隠したい。
シールのメリットは、何と言ってカンタンで早く隠せる!です。
シールなら本当に数十秒で完了します。
累計販売数「100万枚」を突破したようです。確かに便利ですからね。
 

このように、手の甲や指を隠すには、塗って隠すのと、貼って隠す2つがあります。
どれもカンタンに隠せる商品なので、ぜひ試してみてください。
就職活動は人生の大きな分岐点です。
日本社会では、いまだネガティブなイメージが多い刺青。
就職活動や面接では、大きなハンデとなる可能性が高いです。
シッカリ隠して、本当の自分の中身を見てもらえるまでは、隠しておくのも策です。
公共施設での対応
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
タトゥーの隠し方専門サイト

コメント